大事な家 * 住宅ローン * 買換え * 任意売却 * 相続 * 共同名義で * 離婚 * 親名義の家 * サイトマップ

家売却の情報収集

住宅ローン

大きな道

住宅ローンが残っている家を売る場合には、家を売ることで
ローンを完済できるかどうかが大きな分かれ道となります。

家を売ってローンが完済できるのであれば、問題なく
手続きをすることができます。

家を売る時の手続きは、基本的には不動産会社の人が
すべてやってくれますので、担当者のアドバイスに従えばOKです。

抵当権抹消などの手続きについては、自分ですることもできます。

自分ができることは自分で手続きをしたほうが、費用が節約できるでしょう。
家を売って手に入れたお金で住宅ローンが完済できない場合には、
通常の方法では家を売ることができません。

抵当権を抹消することができないので、購入者にとってリスクが
大きくなってしまうからです。

基本的には、抵当権がついたままの住宅を購入したいという人は
いないので、ローンを完済して抵当権を抹消するということが重要になります。

任意売却という方法もありますが、デメリットもそれなりに大きいので、
住宅ローンの返済が困難であるという事情でもない限りは
任意売却という方法で家を売ることは避けたいところです。

家の価値がローン残高よりもはるかに高いというケースはあまりないので、
家を売る場合には、できるだけ高く売ることが重要になります。

不動産一括査定などを利用して、高く売却をしてくれる不動産会社を探しましょう。

不動産会社によって、200万円以上も売却価格に差が出ることもあるので、
不動産会社選びはとても重要です。

差が出る

Copyright(c) 色々な事情がある家の売却 All Rights Reserved.