大事な家 * 住宅ローン * 買換え * 任意売却 * 相続 * 共同名義で * 離婚 * 親名義の家 * サイトマップ

家売却の情報収集

買換えのために

家の買換えの場合、古い家を売った代金を元手に新しい家を
購入することが一般的です。

スムーズに

また、家を売ることと買うことを同時に終わらせることができれば
代金の心配をする必要がなく、かつスムーズに新しい家を
利用することができます。

ただし、それぞれの手続きがどちらも滞りなく実施できるとは限らず、
ぴったりと同じタイミングで終わらせることは難しいです。

そこで、買換えそれぞれの簡単な手続きを把握することで、
できるだけ同時に終わらせることができるようにタイミングを
調整できるようにしておきましょう。

家を売る手続きの始まりは、買取業者から見積もりの査定を貰うことです。

業者によっては数十万から数百万円もの差が付くことがあるので、
一括査定などを上手く利用して、できるだけ多くの業者から
査定をもらうようにしましょう。

家を売る業者が決まれば契約を結び、後日買い取ってくれる
買い主の内覧に応じます。

無事に売買契約を結び、売買代金を受け取ると同時に家を引き渡すことになります。

次に、購入の手続きです。
購入すると決めた家の売買契約を結び、同時に住宅ローンを結びます。

建設に先立つ手付金や、建設中の中間金などは、売った家の代金から
払うことが多いです。

家が完成すると購入代金を清算し、住宅ローンの支払いが始まります。
基本的には前述した通り、売った家の代金で予算を考えていくことが多いので、
家を売る手続きの方を若干早く進めていくことが理想です。

理想

そのため、購入の手続きは、家を売る手続きに合わせるようにすると効果的です。

Copyright(c) 色々な事情がある家の売却 All Rights Reserved.