大事な家 * 住宅ローン * 買換え * 任意売却 * 相続 * 共同名義で * 離婚 * 親名義の家 * サイトマップ

家売却の情報収集

共同名義の家を売る

共同名義の家を売る場合には、代表的なもので不動産を売却して
持分割合で分ける方法、自分の持ち分のみを売却する方法、
不動産を分筆して売ってしまう方法に分かれるようです。

不動産を売却して持分割合で分けるときの手続きは、
共同名義人の関係が良好で売却に同意している場合であり、
全員が売主となり買い手が見つかり売買契約書などの
署名も押印も全員が立ち会って手続きします。

可能性

遠方に住んでいて立ち会えない場合などは、委任状を作成して
売却手続きが行われます。

手続きに必要な書類は、印鑑証明、住民票、本人確認書類がそれぞれ必要です。

家を売ることで得た利益は持分割合で分配されます。
共同名義人の中に家を売ることに同意しない人がいる場合には、
自分の持ち分だけを売却することができます。

しかし、売却に同意しない名義人とトラブルになる可能性もあるので
注意しなければなりません。

第三者の不動産の買い手が使い勝手の悪い不動産となるのでなかなか、
売却できないこともあるようです。

独立した

もう一つの売却の方法に、土地を分筆してその上に建っている
家を売る方法があります。

この場合は、独立した単独の不動産にしてしまうことですが、
売却も自分の意志だけで行うことができます。

分筆の流れとして、どこで境界線を引くかの作業で測量をして
境界画定をしなければならず、その後に分筆登記と所有権移転登記を行います。

分筆するには、時間と費用が掛かり、そう簡単にはできないのが通常です。

Copyright(c) 色々な事情がある家の売却 All Rights Reserved.